Windows10ブルーライトカット機能が便利!

今回は「ブルーライトカット機能」の設定方法をご紹介します。これまでWindows7ではブルーライトカット機能を利用するために専用のソフトをインストールする必要がありました。

ちなみにWindows7で利用できるフリーソフトはf.luxというソフトを使っておりました。(海外のサイトに飛びます。)
https://justgetflux.com/

そんなブルーライトカット機能ですが、Windows10ではこの機能も標準で搭載されています。しかし、機能の設定を行う箇所や名称が直感的ではないので、手順を追いながら説明をしていきます。


ブルーライトとは

そもそもブルーライトとはなにかご存知でしょうか?
可視光線の中で最も強いエネルギーを持つ光だそうで、眼や身体に大きな負担をかけると言われています。

[引用元]ブルーライト研究会
http://blue-light.biz/about_bluelight/

ブルーライトカット機能の設定方法

というわけで早速設定方法の説明に入っていきたいと思います。

設定ボタンを押す


PCのデスクトップ左下に「田」に似た形の「Windowsマーク」があると思います。
そのWindowsマークを押して、下から3番目のマークが「設定」ボタンになっています。

まず最初に、この「設定」ボタンを押してみましょう。

システム設定ボタン


Windowsの設定画面の右上にある「システム」ボタンをクリックします。

ディスプレイ設定


左メニューの「ディスプレイ」から「夜間モード設定」をクリックします。

夜間モード設定


赤枠内のスライダーでどの程度ブルーライトをカットするかを設定することができます。その下の夜間モードのスケジュールを「オフ」に設定すると、連続してブルーライトカットを使用することができます。

まとめ

ブルーライトは日中もカットすることで眼精疲労に効果がありますが、「夜間モード」というネーミングが災いして、非常にマイナーな機能となってしまいました。

とても良い機能なので知らないととてももったいないと思います。

今回はWindows10の隠れた便利機能として、ブルーライトカッターをご紹介しました。現在みなさんが仕事でWindows10を利用されているようでしたら、ぜひこのブルーライトカット機能を使用してみてください。