禁酒のメリット・デメリットを考えてみた

とりあえず3日続いています。元々はお酒が大好きで一人でも夜に飲んで休肝日なんて考えたことがなかったのですが、日々この生活でいいのかと自問自答しておりました。
(アイキャッチは先月福岡旅行で頂いた焼酎水割りです、とても美味しかったw)

とはいえ辞めるでもなく、一口飲んだらもう関係なくなってストロング2缶を平均的に摂取しておりました。

いい加減このままでは良くないと思い、英語の勉強もしたくて、完全禁酒に挑んでいます。

3日しか経っていないじゃないかと思われがちですが、毎日飲んでいた私にとってとてもチャレンジングな実験で、本当はもっと画期的な効果が出てもいいんじゃないかと思うほど、何の変化もありません。もちろん夜間の酔っ払っている時間がないので有意義ではありますが。


禁酒のメリット

現在思いつく限りのいいことを箇条書きにします。

  • 時間が浮く(夕飯から寝るまで酔っ払っていますのでその時間が冷静です。)
  • お金が浮く (飲み物とつまみ買ったりして少なくとも1日500円~1000円は使っていました。)
  • 二日酔いがなくなるので朝の気分がよい(まだ実感はないです。逆にめったに見ないテレビを見すぎて寝不足です。)
  • 健康になりそう (よく言われていますが、まだ実感はないです)
  • 泥酔時のトラブルがない (飲酒時余計なことを言いがちなのでそれはなくなるかと。ただまだ飲み会に参加していないのでなんとも言えないです。)

禁酒のデメリット

メリットを考えるならデメリットも出したほうがよさそう。

  • 酔った時のふわっとする感じがなくなる
  • 酔うと悩みがどうでもよくなっていたのが、そうではなくなる。
  • 酔うと飲み会で仲良くなれる気がしていたのが、酔わないことで疎外感を感じる気がする。

これからもっと出るはず

いまのところこんなもんでしょうか。また、感じることがありましたら記事にしたいと思います。
今日はこのへんで。土日を無事に乗り越えられるでしょうか。