Windows10の標準でインストールされているフォトアプリが起動しなくなった時の対応方法

今回の記事は、Windows10を利用していて写真を開こうとしたらWindows10に標準で入っている「フォト」アプリが起動しなくなったというお話です。


WindowsUpdateで修復できるかも

もしかしたらWindowsUpdateで修復できるのかもしれませんが、会社全体のWindowsUpdateをWSUSで管理しており、最新を当てたところで別の不具合が出ても困るので、回避策で対応しております。

以下のサイトで紹介されているソフト(Restore Windows Photo Viewer to Windows 10)を利用させていただいております。
https://www.gigafree.net/tool/view/Restore-Windows-Photo-Viewer-to-Windows10.html

Windows10標準で搭載されている「フォト」がない

以前はフォトアプリがあったそうで何かの拍子になくなったと。実際にこのように選択肢に「フォト」がありません。

「フォト」をインストールしようと試みたのですがうまくいかず、結局このツールでWindows7の標準ソフトだった「Windowsフォトビューアー」を既定にすることで回避しております。

WindowsフォトビューアーってWindows10でも存在していたんですね。Windowsフォトビューアーのデフォルトの設定では.tifファイルを開く場合にのみ起動されるようで、この「Restore Windows Photo Viewer to Windows 10」を使うと.tifファイル以外にも「JPEG / BMP / GIF / PNG / ICO / TIF / WDP / JXR / DIB」なども開くための既定ソフトに設定できます。

Windows10のフォトアプリ以外の標準ソフトで開く方法

まずは以下のサイトから「Restore Windows Photo Viewer to Windows 10」をダウンロードします。
http://www.authorsoft.com/restore-windows-photo-viewer.html

「Download Now」ってところからダウンロードできます。
あとは普通にインストールするだけ。表示は英語ですが特に気になる点はありませんでした。

インストールが終わると、ソフトが起動しますので下部にある「Restore Windows Photo Viewer」をクリックすると「Success!!…」といったポップアップが表示され設定が完了します。

自動的にWindows10の設定画面が開きますので、「アプリ」の「既定のアプリ」の「フォトビューアー」から「Windowsフォトビューアー」を選択したら終了です。

試しに先程の画像を開くとこんな感じです。

懐かしさもあり、とりあえずこれで問題ないのではないかと思います。よかったらぜひお試しください。